会社の設立・変更の手続きは、
神戸三田会社設立サポートオフィス
(行政書士 三入法務事務所)にお任せください。

従来、株式会社を設立するには「資本金1,000万円」が最低限必要でしたが、新会社法により「資本金1円」でも株式会社の設立が可能となりました。

設立はしやすくなりましたが、やはりそれなりの知識は必要となります。

まず、株式会社を設立するには「定款(ていかん)」という会社の重要事項を記載した書類が必要になります。 

定款には下記の項目を必ず記載する必要があります。
・商号(会社の名称)
・本店(本社)の所在地
・事業目的
・発起人の氏名および住所
・設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
・発行可能株式総数

この必ず記載する必要がある内容を「絶対的記載事項」といい、上記内容が一つでも記載されていない場合、その定款は無効となってしまいます。

また、この作った定款を公証役場で認証してもらう手続きが必要です。

この際、紙媒体の定款では印紙税として4万円が必要になりますが、電子定款認証という定款認証を電子文書で行う方法をとれば、この印紙税が不要になります。

電子定款認証をご自身ですることも可能ですが、そのためのパソコンソフトやカードリーダ、電子証明書等が必要となります。

このように、ご自身で会社設立を行おうとすると、意外と時間・手間がかかってしまいます。 

当事務所では、会社設立申請・その他の手続きを代行することによって、皆様の時間・手間の節約をお手伝いいたします。


ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
☎078-959-5750 担当:三入(さんにゅう)


 

このページの先頭へ